御報恩御講(令和4年4月)

 令和四年四月度 御報恩御講

 『白米一俵御書(はくまいいっぴょうごしょ)』     弘安三年   五十九歳

 南無(なむ)と申(もう)すは天竺(てんじく)のことばにて候。(そうろう)漢(かん)土(ど)・日(に)本(ほん)には帰命(きみょう)と申(もう)す。帰命(きみょう)と申(もう)すは我(わ)が命(いのち)を仏(ほとけ)に奉る(たてまつ)と申(もう)す事(こと)なり。我(わ)が身(み)には分(ぶん)に随ひ(したが)て妻(さい)子(し)・眷属(けんぞく)・所領・(しょりょう)金銀(きんぎん)等(とう)もてる人々(ひとびと)もあり、また財な(たから)き人々(ひとびと)もあり。財あ(たから)るも財な(たから)きも命と(いのち)申(もう)す財に(たから)すぎて候(そうろう)財(たから)は候(そうら)はず。さればいに(古)しへの聖人(しょうにん)賢人(けんじん)と申(もう)すは、命(いのち)を仏(ほとけ)にまいらせて仏に(ほとけ)はなり候な(そうろう)り。(御書一五四四㌻八行目~一一行目)

【通釈】南無というのはインドの言葉である。中国や日本では「帰命」と言う。帰命とは、我が命を仏に捧げるということである。我が身には分に応じて妻子・眷属・所領・金銀などを持つ人々もいる、また財を持たない人々もいる。財がある人も無い人も、命という財にすぎる財はない。よって、昔の聖人・賢人と言われる人は、命を仏に差し上げて仏になったのである。

【拝読のポイント】
〇「南無」とは正直で素直な信心
 「南無」、つまり帰命について、総本山第六十七世日顕上人は「命を帰すという意味は、信仰の対象に対し、自分自身の我(が)を没するということであります。したがって、自分自身の我が強く、正直で素直になれない人間は、心からの帰命ということができません」(妙法七字拝仰上二〇)と指南されています。このように、自分勝手な心やわがままな心を排し、正直に、素直に御本尊を信ずるところにこそ、「南無」の深義が存することを忘れず、強盛な信心を培ってまいりましょう。
〇「事供養」と「理供養」について
 拝読箇所に続いて大聖人は、古の聖人や賢人が、無上の財である命を仏に捧げる「事供養」を行って修行を成就したことを示されています。その具体例として、雪山童子が半偈の経文を教えてもらう代わりに、自らの身を鬼神に投じたことや、薬王菩薩が過去世に自身の臂を焼いて仏塔を照らし続けたという故事などを示されたあと、末代の凡夫が、実際に命を仏に捧げる事供養を行うことは非常に困難である、と説かれています。
 その上で「凡夫は志ざしと申す文字を心へて仏になり候なり」(御書一五四四)と仰せられ、自身の生活や命を養うために欠かせない衣服や食物等を仏に供養する志こそが尊く、これが「理供養」に当たると教示されているのです。そして法華経(御本尊)に財物を供える人には、過去の聖人賢人の事供養に勝るとも劣らない功徳が具わることを示されています。
〇折伏実践は、御本尊への最高の御供養
 何事においても事を成就させるには、固い決意と一歩踏み出す実行力、さらにできるまでやりとおす持続力が不可欠です。私達は「命限り有り、惜しむべからず。遂に願ふべきは仏国なり」(富木入道殿御返事・御書四八八)との御金言を胸に、全身全霊で正法広布に邁進していくことが肝要です。折伏は最高の報恩行であり、育成と共に御本尊への御供養となります。この仏道修行の実践によって、自他共に必ず成仏の大利益を得られるのです。
○日如上人御指南
 「一心欲見仏 不自惜身命」と言うと、命などいらないのだと、乱暴なように思いがちでありますけれども、よく考えてみると、やはり我々が生きているこの時間を大切にしろ、この時間を尊い広布のために尽くしていけ、それが一生成仏につながっていくのだぞ、とおっしゃっているのではないかと思われます。ですから我々は、まさに信心強盛にして自他共の幸せを願い、一生成仏、そして一切衆生救済の方途たる折伏を、真剣に行じていかなければならないと思うのです。(大日蓮・令和元年七月号)
□まとめ
 今月は、宗旨建立の月です。これを好機と捉え、私達は一切を御本尊の御照覧のもと、これまで躊躇していた下種や諦めていた折伏に、今こそ挑戦しようではありませんか。
 大聖人は、『撰時抄』に「されば我が弟子等心みに法華経のごとく身命もをしまず修行して、此の度仏法の実否を心みよ」(御書八七一)と仰せです。さあ皆さん、この御金言に勇気を得て、精一杯頑張りましょう。

□住職より

 現在もコロナ禍を始め、ロシア軍によるウクライナ侵攻や、日本各地で大きな地震が起きております。鎌倉時代、宗祖日蓮大聖人様御在世当時も『立正安国論』にお示しのように、飢饉や疫病、大地震等の自然災害が後を絶たない状況でした。そうしたなか、大聖人様は全ての災禍の原因は、邪宗謗法の害毒や人心の荒廃によるものであり、世の中から邪宗謗法の教えを排除しないと、世の中は安穏にならないと説かれ、折伏弘教されてきました。日蓮正宗総監・八木日照御尊能化は、「宗門史を繰(く)っていくと、四条金吾、工藤義隆、池上宗仲などの入信は建長8(1256)年、大学三郎、大田乗明、曽谷教信などは文応元(1260)年といずれも疫病が諸国に流行った年である。そうして見ると、当時疫病に対する知識もなく、なぜ人から人へとうつるのか、また、それを防ぐ方法も判らない恐怖と混乱のなかにあっても大聖人をはじめ、入信した方達が折伏の手を休めなかった、ということではないかと推測される。我々もコロナウイルス感染症に怯むことなく、感染予防に充分留意しつつ、折伏誓願目標達成を期して下種折伏に励まなくてはならない(趣意)」と御指導されております。
 このように、コロナ禍の今こそ不自惜身命の決意をもって、信行の実践に励むことがいかに大事なことであるか。いたずらにコロナ禍を恐れ、信心まで自粛してしまっては、大聖人様や大聖人様御在世当時の弟子檀越の方々、近くは宗祖日蓮大聖人御聖誕700年の前後、奇しくもその後ロシア革命によって崩壊する、ロシア帝国の参戦が引き金となり勃発した第一次世界大戦中には、スペイン風邪が流行し、その中でも総本山第五十七世日正上人のもと、御隠尊日応上人をはじめ日蓮正宗僧俗が勇猛果敢に、全国で折伏弘教が行われ、現在、宗門屈指の大寺院である札幌の日正寺が建立され、日応上人によって東京を中心とする全国布教に回られており、日本国内が騒然とするなか、そうした方々の御活躍によって現在の日蓮正宗が存することを蔑ろにしてしまうことになります。
 大聖人様は『佐渡御書』に、「魚は命を惜しむ故に、池にすむに池の浅き事を歎きて池の底に穴をほりてすむ。しかれどもゑにばかされて釣をのむ。鳥は木にすむ。木のひきゝ事をおじて木の上枝にすむ。しかれどもゑにばかされて網にかゝる。人も又是くの如し。世間の浅き事には身命を失へども、大事の仏法なんどには捨つる事難し。故に仏になる人もなかるべし」と御指南されております。
 私たちはどこまでも自身の一生成仏を願い、罪障消滅宿業打開に努め、世情の混乱著しい時こそ、不撓不屈の信念をもって、より真剣に信行の実践に励むことが肝要であります。ましてや、浅ましい世間の人々の振る舞いにその身心が揺さぶられることのないよう、気をつけることも大事なことであります。要は、貪・瞋・癡の三毒煩悩によってその身心を汚すことなく、正直に清く尊い信心をもって、今出来うる最大限の精進をもって、宗祖日蓮大聖人様を始め、今日に至るまで、大変な時期を乗り越えながら正法を護られてきた御歴代上人や僧俗に対し、報恩感謝の念を抱き、令和の法華講衆としてこの世界的難局を乗り越えて参りましょう。